日間スケジュール  2018/12/8(土)~12/21(金)

2018/12/8~12/21上映 シネ・ギャラリー オープン予定時間 9:30
 (初回の回の20分前にオープン。オープンと同時に、その日の全回の整理券をお取りいただけます。混雑時は早めにオープンする場合もあります)      
  モリのいる場所 人生フルーツ ア・ゴースト
・ストーリー
テルマ アラン・
デュカス
 テルマ
 上映開始時間 10:00 11:55 13:40 15:25 17:35 19:15
 終了時間 11:45 13:30 15:15 17:25 19:05  21:15
  斬、 アラン・
デュカス
アンナ・
カレーニナ
斬、 アンナ・
カレーニナ
ア・ゴースト
・ストーリー
 上映開始時間 9:50 11:25 13:10 15:40 17:15 19:45
  終了時間 11:15 12:55 15:30 17:05 19:35 21:20


2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①10:00~11:45

画家の守一(山崎努)は、草木が生え、いろいろな種類の生きものが住み着く自宅の庭を眺めることを30年以上日課にしていた。
妻と暮らす守一の家には、守一の写真を撮る若い写真家の藤田、看板を描いてもらおうとする温泉旅館の主人、隣人の夫婦など、来客がひっきりなしだった。

詳しくはこちら


2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①11:55~13:30

愛知県にある高蔵寺ニュータウンで、雑木林に囲まれ野菜や果物を育て、ほぼ自給自足の生活を営む津端修一氏と妻の英子さん。
以前は日本住宅公団に勤務していた津端氏は、同ニュータウンの設計を任され自然との共生を目指すが、高度経済成長期の影響により完成したのは大規模で画一的な街だった。
その後夫妻はこの地に住み、雑木林を育て始める。

詳しくはこちら

A GHOST STORY/
ア・ゴースト・ストーリー

2018/12/8(土)~12/21(金)



2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①13:40~15:15  ②19:45~21:20

若夫婦のC(ケイシー・アフレック)とM(ルーニー・マーラ)は田舎町の小さな家で幸せに暮らしていたが、ある日Cが交通事故で急死してしまう。
病院で夫の遺体を確認したMは遺体にシーツをかぶせてその場を後にするが、死んだはずのCはシーツをかぶった状態で起き上がり、Mと暮らしていたわが家へ向かう。
幽霊になったCは、自分の存在に気付かず悲しみに暮れるMを見守り続ける。

詳しくはこちら

斬、(ざん)

2018/12/8(土)~12/21(金)



2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①9:50~11:15  ②15:40~17:05

江戸時代末期の日本は、開国か否かで大きく揺れていた。
困窮の末に藩を後にし、農村の手伝いをする浪人の杢之進(池松壮亮)は、近所に住む姉弟のゆう(蒼井優)と市助(前田隆成)と共に時代の変化を感じながらも静かに過ごしていた。
そこへすご腕の剣士・澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の剣の腕を見込んで動乱の京都に彼を誘おうとする。

詳しくはこちら

アラン・デュカス
宮廷のレストラン

2018/12/8(土)~12/21(金)



2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①11:25~12:55  ②17:35~19:05

有名シェフのアラン・デュカスは、ヴェルサイユ宮殿にマリー・アントワネット時代のレストランを開こうとしていた。
彼は「完璧を目指さなければ、確実に失敗に終わる」という持論に基づき、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モナコ、東京、京都、フィリピンなどを飛び回り食材を求める。
そんな彼に、およそ2年にわたってカメラが密着した。

詳しくはこちら

アンナ・カレーニナ
ヴロンスキーの物語

2018/12/8(土)~12/21(金)



2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①13:10~15:30  ②17:15~19:35

日露戦争開戦から間もない満州で、軍医のセルゲイ・カレーニン(キリール・グレベンシチコフ)のもとにアレクセイ・ヴロンスキー大佐(マクシム・マトヴェーエフ)が運ばれてくる。
かつて母親のアンナ・カレーニナ(エリザヴェータ・ボヤルスカヤ)は、幼い自分と父親を捨ててこの男を選び、自ら命を絶った。
かつてカレーニンはヴロンスキーを憎んでいたが、年月を経て、今は母の真実が知りたかった。

詳しくはこちら

テルマ

2018/12/8(土)~12/21(金)



2018/12/8(土)~12/21(金)上映  ①15:25~17:25  ②19:15~21:15

ノルウェーの片田舎の町で信心深く厳格な両親に育てられた少女テルマは、幼いころの記憶が抜け落ちていた。
やがてオスロの大学に入学した彼女は、同級生のアンニャに、生まれて初めて恋心を抱く。
テルマは湧き上がる欲望と罪の意識に苦悩するが、自分の気持ちを抑えることはできなかった。

詳しくはこちら
2018/12/22以降の上映作品の、上映時間や詳細等に付きましては、下記リンクに移動後、各作品『作品情報』よりどうぞ。
(リンクがついていない場合はもうしばらくお待ちください)
もしくは、このページの一番上のタブ、『上映予定』でも、今後の上映作品一覧に移動します。

12/22以降の上映作品はこちら
平成最後の夏が終わり、雲の高さに秋を感じるようになった9月のある日、日本を代表する一人の女優が亡くなりました。
樹木希林。シリアスな演技に隠し味としてユーモアをひとつまみ足し、ユーモラスな場面では人生のシリアスさを下味のように滲み出させる、絶妙の「味付け」が唯一無二でした。
有名人としてのオンと、一人の生活者としてのオフが、ゆるやかに混ざり合っているような本人のキャラクターのファンだった方も多いでしょう。
本特集では故人を偲び「いかに生きるか」を描いた2作品を上映します。
2018/9/29より12/7まで、前売券・セット券販売開始いたします。12/8以降は当日券をお買い求めください。



詳しくはこちら 
『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』など、過去に沖縄の米軍基地問題を題材にした三上智恵監督作品の上映でタイアップしてきていただいた「静岡・沖縄を語る会」のみなさんと企画し、1日限定の『沖縄スパイ戦史』の特別上映会を開催します。
どなたでもご参加いただける上映会です。



詳しくはこちら